03-6380-5965平日 9:00~17:00

MENU

社員に喜ばれている福利厚生とは

その福利厚生、満足度は高いですか?

こんにちは。
ミール・プラスカスタマーサポートです。
今回のテーマはこちら。

「社員に喜ばれている福利厚生とは」

世の中には福利厚生の種類がたくさんあります。
その多くの種類の中で、従業員はどの福利厚生を喜んで使っているのでしょうか。
ある調査結果が公表されていましたので、ご紹介いたします。


■マンパワー株式会社による福利厚生の調査結果

マンパワー株式会社(以下、マンパワー)は、過去・現在において仕事をしたことがある
18~60歳の男女972人を対象に、「会社の福利厚生として良いと思うもの」
「実際にあった福利厚生でよかったと思うもの」についてのアンケート調査を実施されて
います。

その結果、

[会社の福利厚生として良いと思うもの]
1.住宅手当・家賃補助             48.3%
2.食堂、昼食補助                 33.9%
3.人間ドッグなど法定外の健康診断  33.0%

[実際にあった福利厚生で良かったと思うもの]
1.食堂、昼食補助                                17.1%
2.住宅手当・家賃補助                             16.7%
3.余暇施設、宿泊施設・レジャー施設などの割引制度   14.5%

とのことです。
マンパワーの調査結果はこちらのリンクから確認できます。
http://www.manpowergroup.jp/navi/jinji/surveydata/150422_01.html
 
このデータを見てみますと、福利厚生の数種類は多くあるのに対し、
利用して良かったと思う福利厚生は多くないのが現状となっています。

企業の福利厚生担当としてみれば、福利厚生のメニュー数が多いほうが「社員が自由に選択して利用するだろう」という配慮の上でのことです。
しかし、社員にとってみれば、使い方が複雑であったり、自分で選ぶという労力がかかります。
いつか使おう・・・そう思っているうちに、福利厚生のことを忘れてしまっている、ということも多いようです。
その結果、企業の意図とは反対に、福利厚生の利用率が低くなるという事態に繋がってしまっております。
 
 
■社員全員が平等に、毎日使えること
弊社にお問い合わせいただく企業に「なぜ食事補助の福利厚生に興味をお持ちになったのかを伺うと、
「社員全員に平等で、毎日使えるものを探していたんです。」というお返事をいただくことが多いです。
 
近年、育児・介護手当ての導入企業が増えていますが、これらの精度は該当者が一部に絞られてしまうため、
属性(年齢・性別・勤務地)によらず、従業員全員が平等に使える福利厚生という観点で毎日の食事代になる、
「食事補助」を選択したいとご要望の結果のようです。
 
考えてみますと、食事は毎日のことですので利用頻度も高く、食事補助の運用と言うのも非常に簡単です。
そのため、社員に習慣化・浸透しやすいシンプルな仕組みであることは大きなメリットと言えます。
 
 

■社員が求めている福利厚生とは

つまり、社員から求められる福利厚生とは、「利用しやすく便利で恩恵が実感できるもの」なのです。

 

前述の総合人材サービス会社「マンパワー」の調査によると、「勤務先にあってよかったと思う福利厚生は?」というアンケートに対して、

第1位は「社員食堂、昼食補助」、第2位は住宅手当という結果がでました。

これは社員の衣食住に結びついた福利厚生がまさに求められているかという事ではないでしょうか。

また、食事補助が1位に選ばれたのは次のような理由があげられるかと思われます。

 

・毎日使える

・時間や性別、年齢を選ばない

・誰でも使えるので不公平感を感じないこと

 

弊社の「ミール・プラス」は全国の飲食店やコンビニ、カフェなどをカバーしたサービスとして、従業員利用率90%と、

他の補助やレジャー優待と比較しても従業員の皆様に大変喜ばれております。

なぜこんなに利用率が高いかといいますと、食事は毎日摂るものですので、必然的に利用する機会が多くなるからです。

利用頻度が高ければ、社員の方からの認知度も高くなり定着しやすくなります。

 

利用シーンは、出社前に朝食を購入、ランチでの利用、お弁当のおかずにもう一品、小腹満たしにと様々なシーンでもご利用いただけます。

特に女性や若手社員の利用が高く、グループ利用による社内コミュニケーションの活性化にも積極的にご活用いただいております。

 

また、「ミール・プラス」は全国どこの飲食店でもご利用いただけますので、拠点や職種による格差が出にくい平等な福利厚生なのもポイントです。

 

「現在の福利厚生利用率に課題点を感じている」

「従業員満足度をさらに高めたい」

「社内コミュニケーションの活性化につなげたい」

「ワークライフバランスに取り組みたい」

 

という企業様がいらっしゃいましたら、ぜひ「ミール・プラス」のご検討をよろしくお願いいたします。

 
また、福利厚生費の食事代として、食事補助は一定のルールに沿って運用することで、会社・社員の両方に大変お得な税制優遇の効果もあることも、喜ばれている点です。
社員に喜ばれ、会社も税制優遇を受けられる「食事補助」の福利厚生 ミール・プラス。
ご興味ある方はぜひお気軽にお問い合わせください。また、税制優遇のシミュレーションも行っておりますので、合わせてお声掛けください。

 

お問い合わせはこちらからお願いいたします。 

 

お電話: 03-6380-5965 (平日 9:00-17:00)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コラム

PAGETOP