03-6380-5965平日 9:00~17:00

MENU

食事補助の導入と適切な運用は税制優遇効果があります

企業も社員もお得になる仕組みとは

■福利厚生費として見る「ベースアップ」と「食事補助」

福利厚生費を導入される場合、ベースアップの一部を飲食などの「食事補助」にあてて導入するケースがあります。今回はその理由をご説明します。

 

会社が社員に給与を払う場合、課税対象金額が増加するため、社員が負担する「社会保険料」や「所得税」等が増加することがあります。

一方、「食事補助」として支給する場合は、一定の条件を満たしていれば非課税扱いとなります。

 

その結果、同じ金額を社員に支払っても「食事補助」で支給されたほうが社員の可処分所得が多くなるとうわけです。

また、逆に考えると、現在支給されている給与の一部を「食事補助」に変更することで、今までよりも実質的な可処分所得が増えるということにもつながります。

 

 

■企業にとっての税制優遇・節税効果について

 上記にて、社員にとってのメリットをご紹介しましたが、企業にとっても以下の点でメリットがあります。

 

消費税 食事補助は給与(課税取引)ではなく福利厚生(非課税取引)となるため、企業の申告納税額から食事補助にかかる消費税分が差し引けることになります。つまり、食事補助総額の8%が優遇されることになります。

社会保険料 各都道府県で定められた食事代のうち、2/3以上を社員が負担している場合、食事補助は給与に含まれません。そのため、社会保険の負担額が減少する場合があります。

企業にとってはコスト削減に繋がりますし、税制優遇効果というのは大変お得な内容です。

 

このように、「食事補助」は企業・社員の両方にメリットのある福利厚生サービスです。

御社の場合は、いったいどれくらいの節税効果があるのか、弊社にて税瀬優遇のシミュレーションをさせていただけますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらからお願いいたします。 

 

お電話: 03-6380-5965 (平日 9:00-17:00)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コラム

PAGETOP