03-6380-5965平日 9:00~17:00

MENU

メリット

企業にとって嬉しいこと

食事補助の運用で、社員に喜ばれる福利厚生を実現できます。

全国の飲食店やコンビニで利用いただけますので、その他の福利厚生と比べて、使い勝手が良く、高い利用率が期待できます。また、会社が一部食事代金を補助することで、1000円以上のランチでも気軽に行きやすくなり、社員のリフレッシュや気分転換を促します。毎日の食事を充実させることで、社員のモチベーションも高まります。

社員にとって嬉しいこと

全国約100万店舗の飲食店やコンビニでご利用いただけます。

ミール・プラスは全国約100万店舗でご利用いただけます。気になるお店を半額でご利用できるので、食事の際に社員同士で気軽に声を掛け合って食べに出かけたりと、コミュニケーションのきっかけに繋がります。会社が食事代金を補助してくれますので、お弁当の他にもう一品、仕事の合間に小休憩、お給料日前のお財布をあまり気にせずに食事などで活用できます。

社員・企業の双方にとって嬉しいこと

節税効果
食事補助を活用し一定の条件を満たせば、社員・企業の両方に嬉しい税制優遇の効果があり大変お得です。

税制上のメリットについて

  • 消費税(企業)

    食事補助は給与(課税取引)ではなく福利厚生(非課税取引)となるため、企業の申告納税額から食事補助にかかる消費税分が差し引けます。

    つまり、食事補助総額の8%が優遇されます。

  • 社会保険料(企業・社員)

    各都道府県で定められた食事代のうち、2/3以上を社員が負担している場合、食事補助は給与に含まれません。そのため、社会保険の負担額が減少する場合があります。

  • 所得税(社員)

    「食事補助」は一定の条件を満たせば給与とみなされず、所得税の算出時には含まれません。

    よって、社員の所得税が優遇される場合があります。

全国優待サービス

食事補助運用に加え、全国で使える優待サービス、ジョルダンパスポートもついてきます。

 

全国9,000施設で特典が受けられます。(最大50%割引)

HOMEに戻る

PAGETOP