03-6380-5965平日 9:00~17:00

MENU

税制優遇とは

コストダウンに効果的な食事補助運用

食事補助運用による税制優遇効果というのは国が定めた制度であり、

これを上手く活用すると大変お得なコストダウンの恩恵を受けることができます。

 

福利厚生費として食事代が税制優遇を受けれる条件は下記内容を満たす必要があります。

 
役員や使用人に食事を現物支給する場合、下記二つの用件を満たすこと。 

1.役員や使用人が食事の価額の半分以上を負担していること。

2.次の金額が1ヵ月あたり3,500円(税抜き)以下であること。

 (食事の価額)-(役員や使用人が負担している金額)=3,500円以下

 

この条件を満たしていると、税制優遇を受けられますので、

食事補助は給与(課税取引)ではなく、福利厚生費(非課税)となります。


 

(所法36、所基通36-24、36-38、35-38の2、昭59・7直法6-5、平元直法6-1外)

 

例1)1ヵ月あたりの食事の価額が5,000円で、役員や使用人の負担している金額が2,000円の場合

1.の条件を満たしていませんので、差額の3,000円が給与として課税されます。

 

例2)1ヶ月あたりの食事の価額が7,000円で、役員や使用人の負担している金額が3,500円の場合

1、2両方の条件を満たしていますので3,500円は福利厚生費として非課税になります。 

税制上のメリット

  • 消費税(企業)

    食事補助は給与(課税取引)ではなく福利厚生(非課税取引)となるため、企業の申告納税額から食事補助にかかる消費税分が差し引けます。

    つまり、食事補助総額の8%が優遇されます。

  • 社会保険料(企業・社員)

    各都道府県で定められた食事代のうち、2/3以上を社員が負担している場合、食事補助は給与に含まれません。そのため、社会保険の負担額が減少する場合があります。

  • 所得税(社員)

    「食事補助」は一定の条件を満たせば給与とみなされず、所得税の算出時には含まれません。

    よって、社員の所得税が優遇される場合があります。

※自社の人数でのシミュレーションをご希望の方は、以下よりお問い合わせください。

 担当によりどのくらいの効果があるのかを試算させていただきます。

※この試算は、一定条件の下に、シミュレーションをしたものであり、実際の可処分所得額の増加額や費用の節税額を保障するものでは有りません。

 

 

お問い合わせはこちらから

HOMEに戻る

税制優遇とは

PAGETOP